松阪エリア

明和町

斎宮

いつきのみや歴史体験館

平安時代の歴史体験と地場産品の茶屋

斎宮跡1/10史跡全体模型も見える館内。貝覆いや盤双六などの遊びが気軽に体験できるので、雅な遊びに興じて。


平安時代にタイムスリップ。歴史に思いをはせながら雅な体験。楽しんだあとは明和特産のひじきうどんを。

斎王の宮殿

古代から平安の時代、伊勢の神さまにお仕えするために都から遣わされたお姫さま、斎王。斎宮とは斎王の宮殿と官人たちの役所である斎宮寮があった場所で、現在の町内の約137ヘクタールという広大な範囲が史跡として指定されている。発掘調査は現在も進行中という。

いつきのみや歴史体験館


平安のお姫さま気分を体験

斎宮歴史博物館は、歴史を知るための展示が主。『いつきのみや歴史体験館』では、斎宮がもっとも栄えたとされる平安文化や年中行事を体験できる。平安貴族の住居「寝殿造」を模した木造建築の館内では、時間もゆっくり流れているよう。あでやかな装束をまとったり貝あわせに興じたり…平安のお姫さま気分を味わえるとあって、若い女性にも人気。屋外には斎宮跡10分の1史跡全体模型もあるロマン広場が拡がり、四季折々の自然も魅力だ。ゆっくり時間を取って訪れることをおすすめしたい。

十二単の略装である小袿の試着体験は無料




いつき茶屋


いつき茶屋

いつきのみや歴史体験館の向かいにある休憩所は以前から無料で開放されていたが、平成21年7月より「いつき茶屋」として、特産物のひじきうどんなど軽食が食べられるコーナーができ、より充実した。お土産コーナーでは体験館の水田でできた古代米や、手織り商品なども販売している。

ひじきうどん


体験メニュー

■十二単の試着体験(有料・予約制)
 人気のある十二単の試着は予約が必要。
 ※1日2回、各回1名のみ 
  ぺア試着デー/家族試着デーもある。

■古代の遊び体験(無料)
 盤双六や蛤を使った貝覆い、蹴鞠など、平安貴族の遊びを体験。

■手づくり体験(有料)
 桃の木と五色の紐で作ったお守り「卯槌(うづち)」をはじめ、
菖蒲かざり、七夕かざりなど、節句ごとの年中行事にちなんだ小物作り。

■機織り体験(有料・予約制)
 高機(たかはた)、地機(じばた)を使って
 ランチョンマットやコースターを織る。

※体験には予約が必要なものもあるので、あらかじめ問い合わせを。

■史跡巡りボランティアガイド(予約制)
 斎宮跡を周りながら歴史やみどころを教えてくれる。
 地元のガイドボランティアの予約受付は明和町観光協会(0596-52-0055)まで。

●問い合わせ
いつきのみや歴史体験館
TEL0596-52-3890

いつき茶屋

※平成26年3月末の料金です。現在の料金は施設までお問い合せください。

営業あんない
■営業時間/10:00~17:00(オーダーストップ16:30)
    ※冬期は10:00~16:30
休館日/月曜(祝日除く)、祝日の翌日
■メニュー
・ひじきうどん500円・いつきうどん400円・伊勢うどん350円など

お問い合わせ

いつきのみや歴史体験館

〒515-0321 多気郡明和町斎宮3046-25
0596-52-3890


【オリジナルHP】 http://www.itukinomiya.jp/

All Rights Reserved,Copyright(C)2007 - 2017. Mie Prefecture