東紀州エリア

熊野市(その他)

有馬町

道の駅熊野花の窟

東紀州の名産品と古代米メニューがそろう休憩処

東紀州の木材を利用した落ち着いた佇まい。ゆっくりくつろげるよう休憩スペースも多数ある。


世界遺産「花の窟」に訪れる旅人を癒すため、熊野の魅力を伝えるための茶屋

参拝客の憩いの場

日本最古の神社「花の窟神社」は、神々の母「伊弉冊尊(イザナミノミコト)」が火神「軻遇突智尊(カグツチノミコト)」を産み灼かれてなくなった後に葬られた御陵。高さ45m程の巨石を御神体とし、古来より全国各地から参拝客が訪れている神社だ。そんな参拝客をもてなすため、平成24年4月『お綱茶屋』がオープンした。
 熊野の魅力・文化を伝えるために資料の展示をしているほか、東紀州特産品や地元の古代米を使った食事を取ることができ、訪れる人の憩いの場となっている。

お綱茶屋の北側には御神体がそびえ立っている。


店内には様々な物が売っている

 工芸品ブースには、熊野檜を使った工芸品や地元作家による作品が並んでおり目を楽しませてくれる。お土産ブースには、熊野市だけでなく東紀州の特産品を数多く取り揃えているほか、地元産野菜などが並ぶ地産地消ブースもある。

工芸品ブース


お食事処

 お綱茶屋の"ウリ"は地元でとれる古代米のイザナミ米。
 イザナミ米を使ったみたらし団子やおもち、おにぎり、うどんなどのメニューを味わうことが出来る。

古代米を使った様々なメニュー


NPO法人有馬の村

 お綱茶屋を管理・運営している特定非営利活動法人有馬の村は、地域資源を活用した特産品づくりや、世界遺産登録後増加した観光客をもてなすことで、集客を図り、地域のいきがいや雇用を創出することで地域住民の心が豊かになることを目指している。
 そのために、訪れた方々に質の高いもてなしができるよう日々努力をしている。

お綱茶屋の目の前ある花の窟神社。全国各地から参拝客が訪れる。


お綱茶屋の休憩処


利用案内

○営業時間
 10:00~17:00
 ※食堂は10:00~14:00
○定休日
 無休
○駐車場
 28台(普通車25台 バス3台)

食堂

○メニュー
 イザナミ米かけうどん    400円
 イザナミ米おにぎり   1個100円
 イザナミ米お綱もち   1個100円
 イザナミ米みたらし団子 1本100円 
 めはりずし       1皿200円

※税込み価格です。料金は変更になっている場合もありますので、詳細はお問い合わせください。

お問い合わせ

道の駅熊野花の窟

〒519-4325
熊野市有馬町137
0597-88-1011

FAX : 0597-88-1022

【オリジナルHP】 http://hananoiwaya.com/

All Rights Reserved,Copyright(C)2007 - 2017. Mie Prefecture