東紀州エリア

紀北町

下河内

きほく里山体験笑楽校

里山体験プログラムと交流イベント

美しい里山で、とっておきの明るい、いなか体験。イベントを開催するたび、下河内ファンが増えていく。

美しい景観を持つ里山を活用

宮川上流部の山と紀伊長島の海を結ぶ街道が通り、旅館や茶店もあったという下河内。広い田畑と豊かな山林を持つ裕福な地域だったが、今では3世帯5人が生活しているだけとなった。
 美しい景観を持つ里山を荒れさせることなく活用しようと、地域の人たちが作った「下河内の里山を守る会」。地元のお年寄りも若い人も一緒に参加して、そば栽培への挑戦から始まり、そば打ちの段位取得、旧家の一部を自分たちで改修して、そば打ち体験ができる「そば蔵 旭屋」をつくり…と展開。景観を守りふるさとを体感できる「きほく里山体験笑楽校」という活動に拡がっていった。

山々に囲まれながらよく陽のあたる山里。みんな明るく、笑いが絶えない「笑楽校」だ。


里山体験で交流を

会員はそば打ちの他、昔ながらのいなか体験のサポートやイベントのもてなしなどで町から訪れる人たちとの交流を楽しみ、下河内を盛り上げる。また、休耕田ではそばやマコモも栽培。収穫は収益事業にもなる。 平成21年度は年5回の体験イベントを企画。それ以外も希望者があれば各種体験をコーディネートして、意欲的に多くの人を受け入れる。打ちたてのそばや郷土料理づくりなど食べる楽しみのほか、語り部さんと一緒に行う里山散策も好評。ふるさとに帰ってきたようなのんびりした時間が喜ばれている。

イベントではお揃いのTシャツを着て、地域の歴史や特色を紹介。




イベントで収穫したマコモを料理。

9月はそば畑に種まき。みんなでやる農作業も楽しく。


下河内の日

毎月第2土曜日に開催される下河内の日。
 直売所では朝採れの新鮮な野菜をはじめ、会員が打った「下河内そば」、旬の野菜の漬物など、季節を感じることができる手作り特産品が月替わりで販売されます。
 また、普段は事前予約が必要なそば打ち体験も第2土曜日だけは飛び込みでもOK。
 季節に応じた味や体験などをぜひお楽しみください。

開催日   毎月第2土曜日 10:00~14:00
開催場所  紀北町十須下河内 「旭屋」
問合せ先  下河内の里山を守る会  090-5634-1372
アクセス  紀勢自動車道「紀勢大内山IC」から国道42号を南へ約30分

拠点となっている築120年の「旭屋」は街道を行く人で大正期まで賑わった元旅籠。


体験メニュー例 ※予約必要

■そば打ち体験
■こんにゃくをつくろう
■なつかしおかしをつくろう
■漬物をつくろう
■マコモ収穫体験(9~10月)
■もちつき体験
■押し花体験
■語り部と歩く下河内ウォーキング
※各種体験は3日前までに予約必要
※季節により体験メニューが変更になります

●問い合わせ
紀北町役場 産業振興課
TEL0597-32-3905

【きほく里山体験笑楽校HP】
http://kihokusatoyama.com/

お問い合わせ

紀北町役場 産業振興課

紀北町東長島769-1
0597-32-3905

FAX : 0597-32-3172

【オリジナルHP】 http://kihokusatoyama.com/

All Rights Reserved,Copyright(C)2007 - 2017. Mie Prefecture