伊賀エリア

伊賀市

伊賀市玉瀧

川上営農組合

そばを特産品に!

自家栽培、石臼ひきのこだわりそば「玉の腰手房」

丘陵の田んぼを地域で守る

伊賀市玉瀧の川上集落は、伊賀盆地の丘陵地にある。なだらかな丘に棚田が広がる美しい農村だ。
 23戸あまりのまとまりのよいこの集落では、現在でも、地域の横のつながりを大切にし、毎月1回、全戸が参加する会合が開かれるという。この会合で、農業の後継者対策に取り組もうと話し合われ、みんなで協力しあって農地を守るため「川上営農組合」が設立された。
 「川上営農組合」では、集落内の荒れていた農地を活かし、麦の裏作としてそば栽培に取り組む。その規模は、約4haに達し、三重県有数のそばの産地として成長した。

そば栽培は、盆過ぎに種をまき、9月下旬に花見、10月末から11月にかけて収穫時期を迎える。


こだわりのそばを特産品に

この地では、昼夜の寒暖差から良質のそばがとれる。このそばを石臼でひいたこだわりのそば粉を使い特産品にしようと、そば打ちのグループ「玉の腰手房」が立ち上がった。小さな工房では、毎朝、8名のメンバーが交代でそば打ちをする。そば打ちが初めてのメンバーも経験を積み、現在では、わきあいあいとそば打ちを楽しんでいる。打ちたてのそばは「生そば玉の腰」として商品化し、1袋2食入り800円で「道の駅あやま」で販売。自家栽培のそば粉を8割使う手打ち生そばは腰が強いのが特徴で、遠くから買いに訪れるファンもいるという。
 また、最近は需要も増えているので、そば粉(500g 900円)も販売している。

道の駅あやま(外部リンク)
http://www.michinoeki-ayama.jp/

工房で毎朝手打ち。


「花見まつり」と「そば打ち体験教室」で交流も

「生そば玉の腰」を広く知ってもらおうと、9月下旬頃には「花見まつり」を開催。一連の棚田を純白の可憐な花が覆う美しい光景を見ようと、市内外から多くの人が訪れる。
 また、阿山地域で催される各種イベントに、そば食の店を出店したり、道の駅あやまのイベントに参加している。さらに、年越しそばの販売、お菓子の開発など、集落のみんなでアイデアを出し合い、そばの販路開拓に取り組んでいる。

そば打ち体験教室。子どもの体験学習など、35人のグループまで対応できる。


そば打ち体験道場

平成17年頃から「そば打ち体験教室」を実施しており、平成22年4月には、道の駅あやまに「玉の腰そば打ち道場」がオープンし、地元産のそば粉を使い、そば打ちが体験できる場として人気となっている。
 通常の営業は土日祝日のみ(午前10時から午後3時)で、事前の予約なしでも対応可能。お子様からお年寄りまで、ご家族やグループでも、どなたでもそば打ちを楽しむことができ、できたそばをその場で試食することも可能。あらかじめ予約すれば、平日や出張そば打ち体験も対応している。

そば打ち体験道場(道の駅あやま内)


そばの花。

そば粉900円/500gと、生そば玉の腰(2食入り800円)。道の駅あやまで販売。


そば打ち体験教室

※平成26年3月末の料金です。現在の料金は施設までお問い合せください。

■利用料金
  1鉢(3人まで) 3,500円(材料費・試食・指導代含む)
  (1人追加毎に500円増)
■予約・お問い合わせ
  電話、FAXにて申込みください。
   川上営農組合加工販売事業部会
    伊賀市玉滝4493
    電話・fax 0595-42-1600 (笹山)
  ※自家栽培、石臼ひきの原料を使用した本格的な二八そばの
   そば打ち教室。
  ※講師の指導のもと、こねからそば切りまでを体験。
   打ち立てそばを茹で、ご試食・残りはお持ち帰り可。
  ※三角巾、エプロンを持参。
  ※体験時間は約90分。

お問い合わせ

■川上営農組合加工販売事業部会
 〒518-1322
   伊賀市玉瀧4493
     代表 笹山康雄

   TEL/FAX 0595-42-1600

■道の駅 あやま
 〒518-1315
   伊賀市川合3370-29
  
   TEL 0595-43-9955

お問い合わせ

■川上営農組合

〒518-1322
  伊賀市玉瀧4302
   代表 徳永隆和
0595-42-1036

FAX : 0595-42-1036

【オリジナルHP】

All Rights Reserved,Copyright(C)2007 - 2017. Mie Prefecture