東紀州エリア

尾鷲市

三木里

田舎暮らし体験 三次屋

海水浴場の目の前にある、もうひとつの「我が家」へようこそ

木に囲まれて、ゆったり、のんびり

もうひとつの「我が家」へようこそ

尾鷲市三木里町はクローバ型の賀田湾の頂点にあって、東紀州でも屈指の美しさを誇る三木里海水浴場を有する集落であるとともに、世界遺産熊野古道の八鬼峠と三木・羽後峠の間にあり、江戸時代には宿場町としても栄えた地域です。そんな面影を残す集落の、旧街道沿い、海水浴場からも歩いて3分、水着で行ける距離にあるのが「田舎暮らし体験 三次屋」です。

 もともとは経営されている中村さんの御主人の両親が住まわれていた家だったのですが、耐震工事に併せて内装を改修するとともに、お風呂やキッチン、トイレなどの水周りを一新して田舎暮らし体験ができる施設として生まれ変わりました。

木塀に囲まれた静かな場所にあります


木に包まれた家で

 尾鷲だけあって、外回りは木塀に囲まれ、内装にも木がふんだんに使われていて、新しいながらも「ほっとできる空間」になっています。耐震工事にも木材が使用されていて、びっくり。
 また、インターネット環境も整備されていますので、パソコンなども使用可能です。

木がふんだんに使用された、ほっとできる室内


地元のおいしい魚を七輪で

食事は、キッチンを使って自炊もできますが、歩いて1分の隣にある「里乃茶屋」で食べていただくことも可能です。実は、ここも中村さんが経営されている飲食店。予約が入ったときだけ営業するのだそうです。
 おススメは、何と言っても魚。干物がバツグンに美味しいそうです。「三次屋」の前、「里乃茶屋」の横に、実は魚屋さんがあって、ここでお好みの魚や干物を買ってから、「里乃茶屋」の七輪で焼いて食べることが出来ます。 腕に自信のある方は、海で釣り上げて来た大物を「里乃茶屋」の料理場を借りて、好きなようにさばいて食べることも出来ます。
 また、そういった調理が苦手という方や、郷土料理などが食べたいと希望される方には、ちゃんと調理した料理をお出しすることも可能です。

 希望に併せて、どのような対応も可能となっていますので、希望をお伝えして相談してみてください。
 ちなみに、朝食も「里乃茶屋」で食べることが出来ます。朝食は、これまた意外ですが、三重県全域の最高に美味しい産物をふんだんに使った洋食セットとなっています。希望される方には、和食でも対応は可能です。

目の前にある「里乃茶屋」。奥に見えるのが魚屋さんです。


昔の子どもがやっていたような遊びを

体験メニューとしては、車で10分ほどのところにある山林を使った間伐やまき割などの林業体験。林業従事者等がインストラクターとして指導をしてくれます。樹齢の若い人工林なことと足場が平らなので、小さい子どもさんでも簡単に林業作業を体験できます。
 その他には、目の前にある砂浜での海水浴だけでなく、同じ集落内にある三木里地区グリーンツーリズム推進会議と連携した、シーカヤック体験やまちあるきツアーなども魅力です。
 そして熊野古道の散策。中村さん曰く、熊野古道歩きは峠道の危険な生きものが少なく、歩いていると程よい温かさになる冬、藪椿が咲く頃がトップシーズンなんだとか。
 集落を流れる川は上流部に人家が無いので水も綺麗で、腕が良ければ鮎つりもできます。子どもなら、川エビ取りも人気。

 昔の子どもがやっていたような遊びを、そのまま再現できるフィールドが残る三木里の集落で、田舎暮らし体験してみませんか。

手ごろなサイズの木が揃う体験林


キッチンは一式揃っていますので、自炊も可能です

インターネットも完備しています


お問い合わせ

田舎暮らし体験 三次屋

〒519-3811 尾鷲市三木里町281
0597-28-2621

FAX : 0597-28-3183

【オリジナルHP】

All Rights Reserved,Copyright(C)2007 - 2017. Mie Prefecture