伊勢志摩エリア

伊勢市(その他)

横輪町

郷の恵「風輪」

地元住民が運営する地場産品直売所

ここにしかない地域の資産を楽しむ。

郷の恵「風輪」

神宮林に連なる山々を源流とする横輪川沿いに2つの集落がある。上流部が矢持町、そして少し下流にある横輪町だ。この2つの集落は合わせて「一宇郷谷」と呼ばれる。
 平成18年には交流施設『郷の恵 風輪』が完成。伊勢市が建設し横輪町の住民が運営するこの施設は、地元の間伐材を多用した建物で、伊勢市内や南伊勢町などの特産品直売所と喫茶スペースを備える。中でも特徴的なのが、11月に旬を迎えるこの地区特産の「横輪芋」。粘りが強いこの山芋は、ここでしか手に入らない。また春になると、おしべが変化し花びらになるという珍しい桜「横輪桜」が咲く。「風輪」の前の「宮山」および周辺にもたくさん植えられているので、新しい桜の名所として注目したい。

珍しい横輪桜も必見。


矢持町・竜ヶ峠

平家の落武者が隠れ住んだという伝説を持つ矢持町。平清盛の四男・知盛が壇ノ浦の戦いの後、ここに逃げ延びたとされ、知盛の菩提寺とされる久昌寺には位牌や古文書などの品々が今も大切に保管されている。
 昭和30年代まで参宮および生活道路として利用されていた矢持町と神宮を結ぶ山越えの道「竜ヶ峠」。自動車の普及によって今では利用されなくなったこの峠道を見直そうと、地元住民と伊勢市が連携し、東屋や案内看板を設置。登山道として整備され、森林浴や山歩きが気軽に楽しめるようになった。

竜ヶ峠に作られた方位板と東屋




横輪芋とろろうどん(550円)と、地元の米でつくる御平家餅(250円)

苔むす久昌寺は、貴重な歴史資料が沢山


横輪芋

伊勢芋に近い品種だが、伊勢市の横輪地区が原生とされているヤマイモ。平成18年に直売所「郷の恵「風輪」」ができるまで市場には出回っていなかった。

粘りが強い横輪芋


郷の恵「風輪」営業あんない

※平成26年3月末の料金です。現在の料金は施設までお問い合せください。

■営業日/毎週火、水、金、土、日曜、祝日(年末年始を除く)
■営業時間/9:00~17:00

お問い合わせ

伊勢市都市農山村交流促進施設 産地直売所  郷の恵「風輪」

〒516-1106 伊勢市横輪町586
0596-39-1741


【オリジナルHP】 http://heart.pro.tok2.com/yokowa/

All Rights Reserved,Copyright(C)2007 - 2017. Mie Prefecture