エリアから探す

せいわの里まめやからのお知らせ

すべてのお知らせへ

旬の話題【探索レポート】おかげ横町にオープンした「おかげ横丁まめや」へ行ってきました

平成27年7月31日

おかげ横丁まめや(五十鈴塾) 食事中
7月25日(土曜)伊勢のおかげ横町五十鈴塾で多気町の農村レストランせいわの里まめやが「おかげ横丁まめや」として、土、日・祝日営業でオープンしますとの情報がありましたので行ってきました。

オープン1時間前の午前10時。五十鈴塾の入り口周辺に飾り付けながされ、田舎に帰ってきたような雰囲気に、お伊勢参りに行き交うお客さんが次々に足を止め、展示物を見物していました。

その懐かしくも落ち着く空間に、私も暑さを忘れてしばし見入ってしまいました。

午前11時となり、いよいよオープン!!家族でいざ店内へ。

店内は、畳に机と椅子が並んでおり、明治・大正時代を思わせる配置となっていて、郷愁が心の中を埋め尽くすように感じました。

席に案内され、メニューを確認。料理の内容は多気町のまめやで提供されているバイキングでも見かける旬のお料理をお膳として楽しむことの出来るメニューと、甘味が用意されていて、どれもとってもおいしそうでした。

注文してからしばらくすると、あっという間に満席となり、あちらこちらで楽しそうな会話が聞こえました。

お店の雰囲気もあり、お盆に親戚が集まり食事をしているような心地で、くすぐったくも懐かしい気持ちになりました。

しばらく待っていると、料理が運ばれてきて子ども達は大はしゃぎ。

内心、「野菜ばかりで子ども達は、ちゃんと料理を食べてくれるだろうか」と不安だったのですが、ひりょうずやおからサラダなどを次から次へと口いっぱいにほおばり、アッという間に完食していました。

食後に子ども達は豆乳アイスを、私と妻は限定20食のまめや団子を頂きました。

食事を終えてお店を出ようと時計を見ると、約2時間近くの時間がたっていてとても驚きました。

時間を忘れてしまうほど心地良い雰囲気の中で、おいしい農村料理を皆さんも是非味わってみませんか。


All Rights Reserved,Copyright(C)2007.Mie Prefecture