エリアから探す
松阪エリア

多気町

丹生

せいわの里まめや

農村料理バイキングと大豆加工品作り体験

農村料理と大豆製品をおなかいっぱい。体験では、豊かな農村文化を子どもたちへつなぐ。

多気町野菜をたっぷり使用した農村料理バイキング

大豆畑が広がり、梅雨の季節にはあじさいの花でいっぱいになる。丹生大師は、四季を通じて訪れる人の多い歴史ある名所だが、最近は、このお店を目指してくる人も多い。大豆畑の真ん中に建つ『せいわの里まめや』の一番の目玉は、多気町で採れる野菜をたっぷり使用した農村料理バイキングだ。

お店のすぐ横に大豆畑。夏から秋は一面緑。


来客で賑わう

お昼だけの営業だが平日で100人、休日には150人以上もの来客で賑わう。豆腐やおから、油揚げなど地元産大豆で作る加工食品と、季節の採れたて野菜を使い、地元の女性たちが腕をふるう素朴な料理が食べ放題。豆腐や味噌、地元で採れた野菜、米などの特産品販売コーナーも人気だ。
また午後2時からの、豆腐やおからどうなつなど、人気の大豆加工品を作る体験メニューも女性や親子連れでの申し込みが多い。


農村文化の継承を目指して

「若い人にも農業に興味を持ってもらうには事業として成功することが大切だ」と考え、その活動拠点として平成17年に同店が誕生したという。ふるさとの景観や、受け継がれてきたものづくりの知恵を大切に守り、活用するための事業。大豆製品は学校給食にも納入され、地元の食文化を子どもたちへと繋いでいる。


体験メニュー

※平成26年3月末の料金です。現在の料金は施設までお問い合せください。

予約必要

■おからどうなつ・おからコロッケ作り・豆腐作り体験
【料  金】1人500円
【人  数】5名以上
【所要時間】約45分

■味噌オーナー制・味噌仕込み体験
【開催日】1月〜3月の毎週土曜日
【内 容】地元の大豆で作る味噌作り体験。麹の香り豊かな味噌が作れる。
     熟成は各家庭へ持ち帰って行う。
     味噌を置いておく場所がない人は、預かってもらうことも可能。

■農村料理体験
【開催日】毎月第3日曜日の10時〜14時
【内 容】食材の収穫作業と調理体験
     地元食材を美味しく食べるための農家ならではの調理方法を
     体験していただきます。
【定 員】5名以上20名まで
【参加費】お1人様 1,000円
【申込み】開催日の5日前までにお申し込みください。
     (定員になり次第締め切らさせて頂きます。)

■ごまのオーナーさんも募集中
 (詳しくはお問合せ下さい。)

※体験は 9時〜16時で対応します。
 (農村料理体験は、10時〜14時です。)
 日程や詳細は相談、調整の上、お申し込みを。

営業あんない

■営業時間/10:00〜17:00
 農村料理バイキング 11:00〜14:00

■定休日/木曜

■料金/農村料理バイキング
    大人 1,200円
    小人(4歳〜小学生)600円

お問い合わせ

農業法人せいわの里

〒519-2211 
多気郡多気町丹生5643
TEL : 0598-49-4300

【オリジナルHP】 http://www.ma.mctv.ne.jp/~mameya/

All Rights Reserved,Copyright(C)2007.Mie Prefecture