エリアから探す
東紀州エリア

熊野市紀和町

紀和

紀和町ふるさと公社(丸山千枚田)

丸山千枚田オーナー制度と紀和町の特産品

三重県最南端で、圧倒的なスケールの千枚田を体感。広く募るオーナー制度でこの棚田景観を守る。

圧倒的な棚田景観の美しさを

 熊野の深い山なみに囲まれた丸山千枚田は、高低差100メートルの斜面一面に、大小約1300枚の稲田が並ぶ広大な景観が圧巻。朝夕、季節ごと趣を変える情景の稀少さは、ひと目見みれば理解できるだろう。
 四百年前には、二千枚を越える棚田が作られていたが時代と共に荒廃していった。地域による棚田復興の取り組みがはじまったのは平成5年。しかし地元だけでは限界があるため、活動に賛同する人を棚田のオーナーとして募ることに。それは千枚田を知ってもらう情報発信にもなり、賛同の輪が拡がっていった。オーナーは田植えや収穫時に千枚田を訪れ作業をし、特典としてできたお米が届く。日常の田の草取りや水の管理は紀和町ふるさと公社が担当してくれるというから遠方でも参加しやすい制度だ。

昔ながらのハサ掛けをする稲刈り。


熊野地鶏

 千枚田の維持管理の他、ふるさと公社は、熊野地鶏など特産品開発にも力を注ぐ。地鶏鶏舎の隣地では特産である食用の高麗きじと、放鳥用の日本きじを孵化〜飼育。しっかりした肉質のきじ料理は瀞流荘などで食べられる。

熊野地鶏の鶏舎の横には、きじ舎が。育てたきじは放鳥もしている。


古道からの絶景をぜひ体験して

千枚田のすぐ近くには、熊野古道の一部「通り峠」がある。峠の展望台からは千枚田の全景が一望できて、そこからの眺めが一番素晴らしいといわれる。そして千枚田のふもとには宿泊もできる休憩所「千枚田荘」そして「オートキャンプ場」もあり、車で15分のところには温泉も。熊野の観光スポットとしても魅力的な地域である。

■千枚田オートキャンプ場■
http://www.za.ztv.ne.jp/senmaida-acs/

千枚田オートキャンプ場。


千枚田餅。地域のイベントなどで限定発売。 3個入り400円。


入鹿温泉瀞流荘・湯ノ口温泉

 丸山千枚田から車で約15分で、入鹿温泉の宿「瀞流荘」(日帰り入浴も可)へ。また瀞流荘から1kmほど離れた湯ノ口温泉は古くからある湯治場で、温泉好きに知られた秘湯。瀞流荘から昔の鉱山トロッコの線路を利用した、トロッコ電車に乗るのも楽しい。
 また、瀞流荘では紀和町特産の雉肉を使った料理を味わえる。「けんけん丼」は照り焼き風のキジ肉がたっぷりのった丼。キジ鍋(冬季限定)やキジ会席が楽しめる宿泊プランもある。
(問い合わせ)
(財)紀和町観光開発公社 電話0597−97−1180
   http://www.ztv.ne.jp/irukaspa/

ケンケン丼♪


オーナー制度あんない

※平成26年3月末の料金です。現在の料金は施設までお問い合せください。

■オーナー制度
●年会費/3万円
●体験できる農作業・イベント/
 田植え(5月)・草刈り作業・虫送 り行事・案山子づくり・稲刈り(9月上旬)・畔そり※作業、イベントに参加できなくても可  
●オーナーの条件/丸山千枚田 を愛し保全活動に理解があり、地区住民をはじめとした人々と のふれあいを大切にできる方
●特典/千枚田の新米15kgと地域の特産物、宿泊施設や温泉入浴の料金割引、機関紙「めはり」配布(年3回)
●募集時期/2月から募集開始、3月末に募集〆切(契約期間は4月〜3月末の1年間)
■「丸山千枚田を守る会」会員
●協力金/1万円
●特典/千枚田の新米1.5kg
※オーナー制度とは異なり作業はしない。申し込みは8月末まで受付

お問い合わせ

(財)紀和町ふるさと公社

〒519-5413
熊野市紀和町板屋78
TEL : 0597-97-0640

【オリジナルHP】 http://www.kiwa-furusato.com/

All Rights Reserved,Copyright(C)2007.Mie Prefecture