奥伊勢エリア 大紀町 食べる買う

阿曽湯の里

  • 店舗イメージ写真
  • 店舗イメージ写真
  • 店舗イメージ写真
  • 店舗イメージ写真
  • 店舗イメージ写真
  • 店舗イメージ写真1
  • 店舗イメージ写真2
  • 店舗イメージ写真3
  • 店舗イメージ写真4
  • 店舗イメージ写真5

営業案内

営業時間:10:00~21:00(受付20:00まで)

休:水曜(祝日の場合翌日)、年末年始

料金:
大人(中学生以上) 500円、高齢者(65歳以上)及び障がい者400円
小人(4歳~小学生) 300円、3歳以下無料

駐車場:50台

■お食事処あすなろ
 ●営業時間/10:00~20:00
 ●定休日/水曜(祝日の場合は翌日)

■四季の店 旬彩
 ●営業時間/10:00~17:00
 ●営業日/土曜、日曜、祝日

お問い合わせ

〒519-2704
度会郡大紀町阿曽429


TEL:0598-84-8080

ウェブサイト

http://www.town.taiki.mie.jp/culture/midokoroguide/osusumespot/asoyu

阿曽湯の里からのお知らせ

阿曽湯の里のイベント情報

一覧を見る

阿曽小学校だった木造校舎を改装したレトロな空間。良質な天然温泉でゆったり

阿曽小学校が廃校となった時、「この校舎を使って町おこしができないか」という声が上がった。大紀町阿曽は江戸時代より良質な天然温泉が自然湧出する土地であったことから、温泉施設「阿曽湯の里」として活用されることになった。建物の中は黒板や廊下の一部など、小学校だった頃の名残を残した昔懐かしい空間だ。地元のボランティアグループがもてなしてくれる「あすなろ食堂」や、木・土・日曜に地元野菜などを販売する直売所「四季の店 旬彩」なども併設。地元を愛する人たちにより、廃校が地域を元気にする場に生まれ変わった。

地元資源を活かした交流事業を展開

できるだけ小学校のたたずまいを残すようにした温泉施設には、男女それぞれの浴室が1つずつ。そして廊下の先には、地元女性ボランティアグループ「あすなろ会」が運営する「お食事処あすなろ」が。教室だった名残が心和む食堂で、地元食材を使った手作りの料理などでもてなす。
地元で採れた野菜や特産品を販売する地産地消施設「四季の店 旬彩」は毎週土曜、日曜、祝日のみの営業だ。平成20年春からは、大紀町のマンパワーや産物を活用する体験事業を開始。地元の資産を活かした交流事業を、行政と住民が力を合わせて意欲的に進行中だ。

お食事処あすなろ

小学校の名残も

小学校の再利用ということもあり、直売所の壁には校歌が。

イベントではそば打ち体験なども。

一覧へもどる