津エリア 津市 食べる買う自然体験

太郎生道里夢(たろうどりーむ)

  • 店舗イメージ写真
  • 店舗イメージ写真
  • 店舗イメージ写真
  • 店舗イメージ写真
  • 店舗イメージ写真
  • 店舗イメージ写真1
  • 店舗イメージ写真2
  • 店舗イメージ写真3
  • 店舗イメージ写真4
  • 店舗イメージ写真5

営業案内

営業時間:施設により異なる

休:施設により異なる

料金:施設により異なる

お問い合わせ

〒515-3536
津市美杉町太郎生

TEL:059-273-0231
(総合案内 木の工房こせ ※金〜日曜、祝日)

ウェブサイト

http://www.zc.ztv.ne.jp/youkoso/

太郎生道里夢(たろうどりーむ)からのお知らせ

太郎生道里夢(たろうどりーむ)のイベント情報

一覧を見る

旅する蝶「アサギマダラ」が飛来する村! 藤袴に夢を託して・・・

美しい山並みが連なる津市美杉町太郎生の休耕地。7月と10月にはそばの花、9月末になると貴重種とされる秋の七草の一つである「藤袴」が咲き誇り、美しいアサギマダラの群れが飛来する。この期間にはイベントが開催され、蝶の愛好家たちをはじめ県外からも観光客が訪れる。この村を賑わせているのは、個性派揃いの村人たちが集結した「太郎生道里夢」のみなさん。楽しく村おこしに奮闘し、人が集まる活気あふれる地域づくりを行っている。そば打ち体験や家具づくり、木と布の工房など、楽しい体験やお店が盛りだくさん。詳しくは各施設等にお問い合わせを。

奈良県との県境

津市街地から車で1時間半、奈良県との県境にある美杉町太郎生。
名張川上流に沿うように田んぼや集落が連なります。
太郎生道里夢(たろうどりーむ)では、渡り鳥のように1,000kmを超える旅をする渡り蝶のアサギマダラを呼び寄せる活動を通じてむらおこしをしています。

渡り蝶「アサギマダラ」

アサギマダラというチョウは、日本では北は北海道から南は沖縄まで全国で見られますが、渡り鳥のように移動をするので、地方によって見られる季節が違います。
太郎生地域では、10月から11月にかけてよく見られます。

秋の七草「フジバカマ」の花畑

フジバカマは、秋の七草のひとつで万葉の時代から親しまれている植物です。
秋には小さな花が房状にたくさん咲き、葉からは芳香がただよいます。
アサギマダラはフジバカマの花を好み、渡りの際にフジバカマの咲くところに立ち寄る傾向があります。
太郎生道里夢では、休耕地にフジバカマを植え、花を咲かせ、アサギマダラを呼び寄せる活動をしています。
また、キジョランというつる草は、アサギマダラが卵を産み付け、幼虫がその葉をエサとして成長することが知られています。
太郎生地域には、キジョランが自生していますが、それを増やすことにより、アサギマダラを増やす取り組みも進めています。

フジバカマやアサギマダラの見頃(10~11月頃)には、イベントを開催しますので、足を運んでみてください。

オリジナルグッズ「平安の香り」

太郎生道里夢が育てた藤袴の香りを閉じ込めた匂い袋。さまざまな着物の古布を使い、1つ1つ手作りされている。太郎生朝市の他、「丸八酒店」「道の駅美杉」「三国屋」「津市観光案内所」でも販売中。

大 500円 小 400円
お特用(タンス用) 1,000円
※価格は税別です。

一覧へもどる