東紀州エリア 紀北町 泊まる

ゆうがく邸

  • 店舗イメージ写真
  • 店舗イメージ写真
  • 店舗イメージ写真
  • 店舗イメージ写真
  • 店舗イメージ写真
  • 店舗イメージ写真1
  • 店舗イメージ写真2
  • 店舗イメージ写真3
  • 店舗イメージ写真4
  • 店舗イメージ写真5

営業案内

【要予約】
邸内見学 8:00~17:00、チェックイン15:00以降、
チェックアウト10:00 

料金:
宿泊 1泊(1名)6‚000円〜7‚500円(税別)
2食付(1名)9‚000円〜10‚500円(税別) 

駐車場:4台

お問い合わせ

〒519-3204
北牟婁郡紀北町東長島128


TEL:090-1563-7690 (担当 中村)
FAX 0597-28-2977
メール qbnor@juno.ocn.ne.jp

体験メニュー

※平成26年3月末の料金です。現在の料金は施設までお問い合せください。

■石窯ピザ作り体験
利用料    500円/1人  +材料実費 
石釜使用 1,000円、たきぎ代 2,000円
※2日前までの予約必要

■木彫教室
参加費1,000円(材料費/道具使用料込み)
制作時間は1体につき約3時間。
午前中のみ、午後のみ参加も可能です。
※参加ご希望の方は、1週間前までにご連絡ください。

■農地ミニキャンプ
2ha以上ある土地を利用し、ここで屋外での調理実習を行います

■ゴマ栽培体験

ウェブサイト

https://kihoku-kanko.com/stay/1714/

ゆうがく邸からのお知らせ

ゆうがく邸のイベント情報

一覧を見る

60年以上前に宮大工が手掛けた日本建築。日本家屋の良さ、職人の息吹を感じる

元材木商の屋敷であった「ゆうがく邸」。60年以上前に16代目の宮大工が精魂込めて建築した日本家屋だ。平成22年に改装され、地域の文化や農業体験ができる宿泊施設になった。地元の木材を贅沢に使っており、建坪150坪の広い邸内は檜の香りでいっぱい。昔ながらの良さはそのままに、今の暮らしに合った手入れが施されている。コンサートや展示会などのイベントも随時行われ、芸術家を招いての陶芸体験なども開催。素晴らしい日本建築を守り、文化活動の場、地域との架け橋など、さまざまな役割を担っている。日本の伝統技術と紀北町の魅力に触れてみては。

日本人たるゆえんを体感する

紀伊長島駅前にあった300坪の土地と元・材木商の屋敷を取得し、交流・滞在施設として再生、運営するのはNPO法人ア・ピース・オブ・コスモス(APOC)。地域振興や環境、町並み保全など、広い視野を持った大きな取り組みの一環として、平成22年『ゆうがく邸』が動き出した。
 地元産ひのき等、上質な木材が使用され、腕のいい職人の手でていねいに建てられた重厚な木の家。その建物自体がこの施設の大きな魅力だ。しっかり磨き上げられた廊下や畳を裸足で歩くこと…そんなところから、失われてしまいそうな「日本人たるゆえん」が体感できる場をつくる、そんな想いで開かれている。

多目的な利用が可能な1階

1階は多目的に使える床暖房付き板間の大広間。テーブルを並べて交流会、展示会などにも利用できる。昔ながらの良さを残しながら、今の暮らしにあわせて端々に手が掛けられている。

さまざまな体験メニューも魅力

また、滞在しながら芸術活動を行うアーティスト・イン・レジデンスや、宿泊者のための体験プログラム、地域内外の交流や発表の場として…『ゆうがく邸』を舞台にさまざまな文化活動や体験事業が展開されている。

中庭でピザパーティーも

キッチンに繋がるデッキと広い中庭。大勢で楽しむ石窯ピザパーティや、コンサート、イベントなどの貸しスペースとしても利用。

一覧へもどる